わたモテの記事はこちらのサイトに移転しました

テレカ(テレホンカード)が一枚360円で売れました。詳細も

おうちにテレカ(テレホンカード)が眠っている人って意外に多いんじゃないでしょうか? 

このテレカ、売る場所を選べば意外に高く売れます!

※テレカっていうのは公衆電話を使って電話を掛ける時に使うカードのことです。若い人は知らないかもしれないので念のため……

レシート。個人名とかは一応隠しています

私が売ったのは↑の写真の通り、12枚のテレカです。

9枚が1枚360円、3枚が1枚200円で売れて、合計3840円になりました。嬉しい臨時収入!

200円のテレカは通常のテレカより分厚いものと緑電話専用のものでした。

金箔とかで豪華に飾り付けられたテレカが逆に価値が低いとはびっくり。

変に分厚いと使用時にトラブルが起こる可能性があるそうで、そのせいで価値が下がっているとのこと。

緑電話専用のテレカは……そんなものがあるとは今回初めて知りました。灰色の公衆電話では使えないテレカとかあったんですねえ。びっくり。

 

実際にテレカを売ったお店

私が売ったのは大阪駅前第3ビルのアイギフトっていうチケットショップです。

http://igift.cside.com/tereka-saikyoukakaku.htm

↑がお店のウェブサイトです。今現在も50度数のテレカを360円、105度数のテレカは630円で買い取ってもらえる様子。

 

サイトには『360円買い取り』って書いてるけど、どうせ実際に売りに行ったら色々難癖つけてクソ安く買い取るんだろ!とか思っててすみませんでした!

ホントに高く買い取ってくれてありがとうございます! 嬉しい!

 

ただし、テレカによっては50度数のテレカが200円、105度数のテレカが300円の買い取り価格になります。

その条件も書かれていますね。

緑電話専用、金箔や漆や布・木材が張られたテレカ、個人製作のテレカ、写真が貼り付けられたテレカ、折れや傷や汚れが激しいテレカなどは買い取り価格が値下がるようです。

 

テレカ(テレホンカード)を売る時は場所を選ぼう!

ネットで調べてみるとテレカ1枚100円で売ったとか、200円で売れた!みたいな話が結構あったので、場所を選べばもっと高く売れるよ!と伝えたかったんですよ。

昔集めていたテレカが数百、数千枚単位で押し入れに眠っている人とかいると思うんですよね。

こういう人だと買い取ってもらう値段が100円違えば数万円、数十万円の差がでちゃいますから。

 

なお、今回私が買い取ってもらったチケットショップ・アイギフトさんは、大阪梅田にあります。

梅田の大阪駅前第1ビル~第4ビルの地下は日本でも屈指のチケットショップエリアで、買い取り価格が高い店が多いです。

複数の店で買い取り金額を比べて高いとこに売るのも簡単。チケット売ったり買ったりするには良い場所です。

私自身、テレカ以外でも貰ったギフトカード(JCBとかVISAとか)をここで売ったりしました。

 

関東なら東京の新宿大ガード周辺が有名なチケットショップエリアですね。ここも買い取り価格が高い店多いです。

 

ネット買い取り系のウェブサイトも見回ったのですが、1枚360円以上の買い取り価格は見つかりませんでした。ありそうなんですけどね……

 

おまけ。なんでテレカが高く売れるの?

未使用のテレカって、電話料金の支払いに使えるんですよ。固定電話に限りますが(スマホは駄目)。

買取価格360円の50度数テレカをお店が400円で売ってるとすれば、定価500円に対して20%引き。

もしこのテレカで電話代を支払えば、月1万円の電話代だと毎月2,000円、1年で24,000円の節約です。

会社とかならもっと金額大きくなるし、かなりの経費削減になるのではないでしょうか。

こんな感じで電話代をテレカで支払うためにチケットショップで安く買ってく人が多いんだと思います。

もちろん公衆電話でテレカを使う人も今でもいるとは思いますが、公衆電話自体がもうほとんど見ないですからね……

時代は変わっていきますね。

 

コメントする